なんかおかしい中国の病院事情

シェアする

中国の病院事情

中国で長く生活をしていると病気やケガなどで病院に行かなければならない時もあります。正直言って中国の病院は信用できないのですがこのために日本に帰るわけにもいかないので仕方なく中国の病院に行くしかないんですね。

ただ中国の病院はシステムや医者の言うことが日本とは全く違うのに驚いてしまいます。今回はそんな中国の病院について紹介します。

スポンサードリンク

救急車は有料

みなさんは道端で人が倒れていたらどうしますか?今の日本では助ける人はあまりいないような気がしますが中には助けたり救急車を呼んだりする人もいるでしょう。

しかし中国では倒れている人を助けることは絶対にありません。なぜかというと加害者にされてしまうからです。

以前中国で車にひかれた人を助けようとしたらその人が助けようとした人に「この人が私をひいたんだ」と言い加害者扱いしたことがあったんです。なぜそんな酷いことをしたのかというと、お金がもらえるからです。

日本でも事故を起こしてしまったら相手の治療費などを請求しますよね。中国でも同じなのですが、その事故では本物の加害者はすでに逃げてしまっていました。その被害者はお金がもらえるのであれば本物の加害者じゃなくても誰でも良かったのです。

このニュースが中国内で流れてからは誰も倒れている人を助けることがなくなりました。

「だったら救急車を呼べば?」と思うかもしれませんが、それも誰もしません。救急車は有料だからです。もちろんその費用は利用した人が支払うのですが、中国では日本では想像できないくらい貧富の差が激しく、その被害者が救急車代を支払えるかどうかもわかりませんし、本人の同意も必要です。

このように救急車は有料であるために利用する人はほとんどいません。私は6年ほど中国で生活をしていますが救急車が走っているのを見たのは3回ほどしかないほどです。

病院は前払い

中国はお金がなければ何もできない国家です。そしてお金に関する犯罪も多いので人を信用しません。ですので様々なものが前払い制になっています。その一つが病院です。中国では先にお金を払わないと治療どころか診察もしてくれません。

でも病気やケガの具合によって治療費は変わりますよね。そのためにかなり面倒なことをするんです。

  1. 中国の病院の利用の仕方はこんな感じです。
  2. 受付けで診察料を支払う
  3. 医者の所へ行き診察してもらう
  4. 検査費用を支払いに受付へ行く
  5. 検査をする
  6. 検査結果を持って医者の所へ行く
  7. 処方箋をもらう
  8. 病院内で薬を買う

どうでしょうか。かなり面倒ですよね。それにお金がなければ何もできないことがわかるかと思います。最近では受付でお金を充てんできるカードを渡されて前もって多めに入金しておけば何度も受付へ行かなくても治療できる病院が増えています。しかし前払いというところは変わりません。

このように中国では病院でも前払いですから、もし病院の目の前で事故が起きて重症の人がいてもお金を払わなければ病院側が助けることはありません。

中国にも日本と同じように医療保険があるにはあるのですがほとんどの人が利用していません。というのも会社が従業員に対して保険に加入させる義務がないからです。もしあったとしても給料から保険料を引かれることに猛反発をするでしょう。

点滴大好き中国人

中国で病院へ行くと必ずされるのが点滴です。ちょっと変なのは病気だろうとケガだろうと何でもかんでも点滴をされるというところです。熱があって病院へ行くと点滴、お腹が痛くても点滴、転んで足をすりむいても点滴という具合です。

というのも病院は点滴で儲けているからです。

中国には大きな総合病院とは別に街中にたくさんの町医者があります。日本でコンビニを見かけるくらいたくさんの町医者があるんです。

その町医者に入るとベンチが並べてあって多くの人が点滴を打っているので私はこの町医者のことを「点滴ステーション」と呼んでいます。

先日私の妻(中国人)がバイクにひかれて打撲と足を数針縫うケガをしました。総合病院へ行ったのですがやっぱり点滴を打つことになりました。内科で点滴を打つのはわかりますが、外科で点滴を打つ意味がわかりません。しかも1週間毎日点滴を打ちに来てくださいと言われていました。おそらく少しでも多くお金を取ろうとしているのだと思います。

病院で言われた食べてはいけないもの

上で妻がケガをして病院に行った話をしましたがそこで医者にケガが治るまで食べてはいけないと言われた食べ物です。

  • たまご
  • 魚など海鮮料理
  • 辛いもの
  • ニンニク
  • 生姜
  • ネギ
  • タマネギ
  • 揚げ物
  • 鶏肉
  • 海藻類
  • 香草
  • 柑橘系果物
  • 動物の内臓系
  • 羊肉
  • 牛肉

何度も言いますが妻は足の打撲と数針縫うケガでした。病気で食べられない食べ物があるのはわかりますがケガでこんなに食べてはいけないものがあるとは驚きです。

中国でも医者は医師免許を持っていてちゃんと医学について学んでいるはずです。ということは中国の大学でこのような事を教えているのでしょう。

私も過去には日本で足を骨折したことがありましたが食べた方が良い食べ物を聞くことはあっても食べてはいけない食べ物を聞いたことはありません。

関連記事
⇒ 中国人の変な常識 ○○の時に絶対に食べてはいけない食べ物

まとめ

いかがでしたでしょうか。中国の病院事情が理解できたかと思います。これを知ると中国で病院には行きたくなくなりますね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする