もしもアフィリエイトで楽天と提携した際のメリットとデメリット

シェアする

楽天アフィリエイトは日本一のネットショッピングモールである楽天市場の商品の広告を使えるということで物販アフィリエイトをするならほとんどの人が利用しているASPですね。

そんな楽天アフィリエイトの商品を同じように紹介できるのがもしもアフィリエイトです。しかしもしもアフィリエイトで楽天の広告を使った場合、メリットとデメリットがあります。

スポンサードリンク

もしもアフィリエイトのメリット

もしもアフィリエイトで楽天と提携した際のメリットを紹介します。

現金で報酬を受け取れる

これが最も大きなメリットでしょう。もしもアフィリエイトで報酬が発生した時は現金で報酬を受け取れます。それに対し楽天アフィリエイトは楽天ポイントでの受け取りとなっています。

楽天銀行の口座があれば現金化ができますが、理由があって楽天銀行の口座を開設できない人もいるでしょう。つまり楽天銀行の口座がなければポイントで楽天の商品を買うしか使い道がないんですね。

報酬をまとめられる

アフィリエイト初心者の頃はほとんど報酬がない人がたくさんいますね。それなのに複数のASPに登録して広告を使っているかと思います。

アフィリエイトをやっていて月に5000円以上稼げているのは全体の約5%しかいないといいます。ということはほとんどの初心者アフィリエイターは報酬を受け取らずにやめているのでしょう。

もしもアフィリエイトなら楽天アフィリエイトの広告も一つのASPにすることができるので報酬を受け取らずにやめてしまうという可能性も低くなります。ちなみにもしもアフィリエイトの最低支払額は3000円です。

楽天と報酬率が同じ

楽天アフィリエイトの料率は基本的に1%ですが、ショップによっては高料率のものもあります。もしもアフィリエイトで楽天の広告を扱っても楽天と同じ料率になっています。

A8.netなどでも楽天の広告を紹介することができますが料率は全てが1%になっています。

W報酬制度

もしもアフィリエイトは通常の報酬以外に報酬の10%を上乗せして獲得することができます。例えば報酬額が1万円だったとすると1000円のボーナスがもらえるということです。

初心者の頃は少しでも多く報酬をもらいたいと思いますからね。

Cookieの有効期限が同じ

CookieとはPCのブラウザに記録されるサイトの情報です。普段なにげなく使っているChromeなどのブラウザにはいつ、どこから、どこのサイトを回覧したという情報が残っています。

楽天アフィリエイトはその有効期限が30日となっていて、もしもアフィリエイトでも同じ30日になっています。

例えば1月1日にあなたがブログに貼った広告のリンクからショップのサイトを見た人がいたとします。その人(PC)がその場では商品を購入しませんでしたが1月20日にまたそのショップのサイトを見て購入しました。

すると30日以内なのでCookieの情報が残っていてあなたの広告から商品が購入したということで報酬が発生します。

ただしその人があなたの広告をクリックした後で別の人の広告をクリックした場合は上書きされて他の人のCookieが残ります。これは楽天アフィリエイトでも同じです。

もしもアフィリエイトのデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

報酬の確定率が低くなる可能性がある

「楽天アフィリエイトからもしもアフィリエイトに変えたら報酬が下がった」という話をよく聞きます。なぜそんな事が起こるのかというとCookieの優先度の違いです。

本家楽天アフィリエイトの優先度はもしもアフィリエイトよりも高くなっています。

Aさんは直接楽天アフィリエイトの広告を貼っています。Bさんはもしもアフィリエイトから楽天の広告を貼っています。CさんがAさんの広告をクリックしても商品を購入しませんでした。その後CさんはBさんの広告をクリックして商品を購入しました。

通常であればBさんの広告をクリックした時点でCookieが上書きされるのでBさんの広告から販売されたことになるのですが、楽天アフィリエイトの広告の方が優先度が高いのでAさんの報酬になってしまうということです。

ただこれについては様々な意見があって、報酬が下がったのはASPを変えたのが原因だけとは言い切れません。

検索ランキングが下がる

もしもアフィリエイトの広告をブログに貼るとGoogleからの評価が下がって検索結果の順位が下がってしまうというものです。

Googleのクローラーは各サイトのリンクをたどって情報を集めています。あなたのブログにクローラーがやってきてリンクをたどっていくのですが、もしもアフィリエイトの広告に行こうとするとブロックされてしまって行くことができません。

その結果、あなたのブログは「ブロックされるようなリンクを貼っている」ということで悪い評価になってしまう可能性があります。そして検索結果の上位に表示されることがなくなってしまうんです。

これについては別記事で書いていますのでご覧ください。

2か月前に立ち上げたブログが全然アクセス数が上がらないことに悩んでいました。今までのブログは1か月過ぎたあたりからアクセスが伸び始め...

まとめ

いかがでしたでしょうか。「結局のところ、楽天アフィリエイトの広告はもしもアフィリエイトに変えた方がいいの?」と思ったかもしれません。

ただこれは「人による」としか言えませんね。変えたことによるメリットが大きい人は変えた方がいいと思いますし、デメリットの方が大きいという人は変えない方がいいでしょう。

たとえば、

  • 報酬を現金でほしい人
  • アフィリエイト初心者で報酬が少ない人

などは変えた方がメリットが大きいですし、

  • すでに楽天アフィリエイトで報酬がたくさんある
  • 楽天銀行の口座を開設している

という人は変えない方がいいのかもしれません。

余裕があるのであれば、一度もしもアフィリエイトで楽天の広告を使ってみて、状況が悪くなるのであればまた元に戻すというのもありだと思います。

もしもアフィリエイトに興味のある人はこちらから登録できます。

⇒ もしもアフィリエイト