(2017年)VPN規制後も中国で使えるおすすめVPN

シェアする

(2017年)VPN規制後も中国で使えるおすすめVPN

中国では金盾(グレート・ファイアウォール)と言われるネット検閲があり、VPNに接続しなければYouTube、Facebook、Twitter、グーグルのサービスなどが見ることや使うことができませんでした。

そして2017年に入り中国政府が発表したのは「2018年3月までにVPNを許可制にする」というもの。これは実質的にVPNを禁止にすると同じ意味になります。

「2018年3月まで」というのは期限であって、3月までは使えるという意味ではありません。実際、今年の7月くらいから接続できなくなるVPNも多くなっています。

2017年7月1日より中国で人気のGreenVPNというVPN接続会社が中国政府の命令を受けて閉鎖されることになりました。中国で生活...

そこで今回は中国のVPN規制のおさらいと、2017年9月現在、接続できるVPNを紹介したいと思います。

中国政府のVPN禁止令

2017年1月、中国政府は「許可されてないVPNを含むインターネット接続の取り締まりを2018年3月までに行う」と発表しました。この時に多くのメディアが「中国でVPNが禁止される」と報道しました。

しかし許可制と言っても日本の企業が日本国内で運営しているVPNは日本の法律に従って運営されていて中国政府がどうあがこうとしても取り締まりなどできないと思われていたんです。

そして7月になり中国国内再大手のVPN接続会社である「GreenVPN」が閉鎖されました。GreenVPNは中国の企業なので「やはり来たな」と思う程度だったのですが、iPhoneのアプリをダウンロードするiTunes StoreからもVPNに関するアプリが全て削除されました。

その後、日本で運営されている日本企業のVPNに関しても接続できなくなるという事態にもなりました。

中国政府は日本の企業を取り締まることはできませんがVPNサーバーのアドレスを見つけて接続しようとしている者がいた場合に回線を切断するという処置を取っているようです。それに対して日本のVPN会社はサーバーを増やして対応しています。

2017年9月現在中国で使用できる日本のVPN

VPNに接続できるサービスは世界中にあり、日本語対応の業者もあります。しかし日本語に対応していても実際に対応をしているのは日本語ができる外国人です。ですので何か問題が起きた場合は日本人が求めるような対応をしてくれないことも多くあるんですね。ですので今回は日本の企業が運営しているVPNのみを紹介します。

ちなみにここで紹介するVPNは現在でも筆者が使用しているVPNです。

セカイVPN

接続方法 PPTP
L2TP
OpenVPN
IKEv2
IPアドレス 共有IPアドレス
接続できる国 日本
アメリカ
ドイツ
台湾
韓国
対応OS Windows
MacOSX
iOS
Android
同時に接続できる端末数 3台
料金 1080円/月
無料お試し期間 最大2か月
おすすめ度

その名の通り複数の国に接続できるVPNです。見るサイトによっては日本ではなくアメリカなどに接続した方が速度が速くなったりしますので国を選べるというところが良いです。また3台まで同時に接続できるのでPCとスマホを同時に使ったり、家族で同時に使ったりもできてしまいます。

無料オプションの「セカイブラウザ」があり、VPNの設定をしなくても「セカイブラウザ」でサイトを見れば日本と同じように使うことができるのも特徴です。

2017年9月現在、問題なく接続できて速度も遅いと感じることはありません。

私的には最もおすすめなVPNになります。

セカイVPNを詳しく知りたい方はこちら

スイカVPN

接続方法 PPTP
L2TP
IPアドレス 共有IPアドレス
接続できる国 日本のみ
対応OS Windows
MacOSX
iOS
Android
同時に接続できる端末数 1台
料金 950円/1か月
2565円/3か月
4848円/6か月
9120円/12カ月
無料お試し期間 2週間
おすすめ度

今回紹介する中で最も料金が安いのがスイカVPNです。年間で契約すればかなりお得になります。

ただ接続できる国が日本のみなのと同時に接続できる端末が1台のみというところがマイナスポイントですね。

しかし実際のところ、単身で中国に赴任している人も多いですので同時に複数の端末をVPNに接続する機械も多くはないと思います。その都度接続し直して使っても不便は感じませんからね。

スイカVPNを詳しく知りたい方はこちら

どこでもVPN

接続方法 PPTP
L2TP
Windows専用アプリ
IPアドレス 共有IPアドレス
接続できる国 日本
アメリカ
韓国
香港
台湾
シンガポール
カナダ
中国
対応OS Windows
MacOSX
iOS
Android
同時に接続できる端末数 1台
料金 980円・70元/30日
2793円・199元/60日
5292円・378元/180日
9996円・714元/360日
無料お試し期間 3日
おすすめ度

筆者が最も長く使っているVPNです。以前はWindows専用のVPN接続アプリがあり、アプリの中で最も速い回線を選べたり、様々な国に接続することができ、サーバーも合計で500以上とかなり満足できる内容でしたが、現在は7月からの当局の規制によりアプリが使えなくなってしまったために接続できる国は日本、アメリカ、韓国の3か国になっています。

サーバーの安定感も以前は良かったのですが最近ではつながらないサーバーも増えてきています。

ただ料金を中国の人民元で支払うことができるので日本のクレジットカードを使いたくないという人にはいいかもしれません。

どこでもVPNを詳しく知りたい方はこちら

まとめ

2017年9月現在でも接続できるVPNを3つ紹介しました。この中で最もおすすめなのは「セカイVPN」です。セカイVPNは日本のVPNの最大手ということだけあり、サービス内容や料金もかなり満足のいくものとなっています。

セカイVPNを詳しく知りたい方はこちら