中国がスマホ決済先進国になった理由

シェアする

現在の中国では現金を持ち歩く人がかなり減っています。ニュースなどでご存知の方も多いかと思いますが、中国ではスマホ決済が進んでいて、ほぼ100%のお店でスマホで支払いができます。

今回はなぜ中国はスマホ決済先進国に慣れたのかを私なりに感じた視点で紹介します。

スポンサードリンク




中国スマホ決済の仕方

スマホで決済する方法は支付宝(アリペイ)と微信支付(Wechat)のいずれかが主流になってます。どちらもスマホにアプリをインストールして使用します。

支払い方法は2通りあります。一つはアプリ内にある自分専用のバーコードを表示させ、お店のバーコードリーダーで読み込む方法。もう一つはお店に置かれているQRコードをアプリ内のQRコードリーダーで読み込む方法です。どちらを使用するかはお店によって違うので確認が必要です。

中国でスマホ決済が普及した理由

スリが多い

中国は日本と比べて安全な国ではありません。スリの被害も多く聞きます。以前、私の妻もかばんに入れておいたお金を盗まれた事があります。

スマホ決済ができればお金を持ち歩かなくても良いわけですから、安全のためにスマホ決済に変えた人も少なくはないでしょう。

安全意識が低い

日本でこのようなスマホ決済を流行らせようとしてもセキュリティを心配して使用する人がなかなか増えないでしょう。しかし危機管理能力の低い中国人は「便利だから」という理由だけでセキュリティの事も考えずに飛びつくのだと思います。もちろん支付宝(アリペイ)も微信支付(Wechat)もセキュリティには問題なさそうです。

お店側の設備投資がタダ同然

どんな小さなお店でもスマホ決済できるのはQRコードのおかげです。自分のスマホ専用のQRコードを印刷してレジの前に置いておけば、スマホ決済できるようになるので、新たに設備を購入する必要がありません。

まとめ

中国で人通りの多い場所に行くと必ずいるのが物乞いです。汚い服装で地面に座り、コップなどを置いてお金をくれる人を待ってます。先日も見かけたのですが、その人に前にQRコードを印刷したプレートが置いてありました。「スマホを購入するお金はあるんかい!」とツッコミを入れそうになりましたが・・・。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする