中国で日本の商品を買って快適な生活をする方法

シェアする

中国で生活をしている日本人にとって困るのが、日本の商品が手に入らないことです。私は中国で生活をして7年になりますが日本での生活と同じように快適に過ごしています。

今回は中国にいながら日本の商品を買う方法を紹介します。

日系のスーパーで日本の商品を購入する

中国に進出している日系のスーパーでは日本の商品が買えることが多いです。イオンなどのショッピングモールでは日系のお店が数多く出店されています。私がよく利用するのがダイソーやニトリです。日用品はここでほぼ買うことができます。

ちなみに日本のダイソーは100円均一ですが中国では10元(167円)と割高になっています。

デメリットとしては近くに日系のスーパーがなければ利用できない事です。中国の大都市であれば何かしらの日系のスーパーがあることが多いですが、小さな都市や住んでいるところから離れていると車を利用しなければならないので駐在員にとっては難しいでしょう。

タオバオを利用する

中国の最大ネットショッピングモールであるタオバオですが、日本の商品を販売しているお店もたくさん出店されています。ただ当たり前ですが中国のサイトですので中国語で検索しなければなりません。

デメリットとしては偽者の可能性があるということです。中国はみなさんも知っての通り偽物品大国です。パッケージはもちろん、中身までそっくりに作られている物が多くあります。おそらく販売している業者も偽物かどうかわかってない情況だと思います。特に日本の製品は人気がある為に偽物も多く出回っています。

楽天市場で購入する

楽天市場では海外発送に対応したショップもあります。そのショップで購入すれば中国にも発送してもらえます。ただ海外発送してくれるショップの数は多くなく、ほしい商品を買うことができない事もよくあります。

海外発送の場合の送料は当たり前ですが日本で購入するよりも高くなります。

海外発送サービスを利用する

私がたまに利用するのがこの海外発送サービスです。上で紹介した楽天市場で海外発送をする場合のデメリットとしては

・海外発送に対応したショップからしか購入できない

・複数のショップから購入するとそれぞれ送料が発生する

ということがあげられます。

海外発送サービスとは一時的にサービス会社に商品を保管して荷物がまとまったところで海外に発送してもらえるサービスです。

このサービスを利用すれば海外発送に対応してないショップでも購入できますし、送料も一つにまとめる事ができます。

海外で生活していると何かと日本の商品がほしくなるものです。私はこれまで海外に発送してくれるショップからしか購入したことがなかったので...

まとめ

私の場合ですが、基本はタオバオで購入、偽者が心配なものは楽天、楽天で海外発送に対応してない場合や複数のショップから購入する場合は海外転送サービスというように分けて購入しています。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする



スポンサードリンク