【2019年】中国に8年住んでいる筆者がおすすめのVPN

シェアする

8年も中国に住んでいると様々な方面から「おすすめのVPNを教えてください」と言われます。

特に新しく中国に赴任してきた人からが多いですね。

VPNについては中国政府によるネット規制が厳しくなるたびに新しい接続方式が出てきたりするため、1年前はおすすめだったけど今ではおすすめできないVPNもあったりします。

ということで、今回は2019年10月現在、最もおすすめのVPNを紹介します。

スポンサードリンク




おすすめのVPN

「かべネコVPN」です。

2015年からサービスが開始されたのでVPNとしてはかなり新しい会社です。

新しいという事もあって、かべネコVPNは他にはないサービスを提供しています。

日本の会社で日本人向けにサービスを提供しているのでサポートも日本語で受けられます。サーバーも全て日本になります。

9月中旬から国慶節明けまで中国政府による厳しいVPN規制がありましたが、対応の速さと情報公開については他のVPNにはないものがありました。

料金プラン

価格については他のVPNが1000円ほどなので、かなり安めに設定されています。

そして他にはないのが、ポイント制を採用しているところです。

例えば1ヶ月プランで契約すると310ポイントもらえ、VPNを使用すると1日あたり10ポイント引かれることになります。

VPNを使用しなかった日は最大50%まで翌月に繰り越せます。

長期連休などで日本に一時帰国した時などはVPNを使用しないのでその分を翌月に繰り越せるわけです。

技術上の問題で現在はshadowsocksとIKEv2での接続の場合はポイントシステムと連動していません。

つまり1か月分の料金で1.5ヶ月使用できることになります。

支払い方法

かべネコVPNの支払い方法はクレジットカード(PAYPAL)と銀行振込で、クレジットカードの場合は自動引落しになります。

そして人民元にも対応していて中国の銀行や微信支付、支付宝による支払いも可能なのもおすすめなポイントです。

現地採用で中国で働いていて、給料が人民元のみという人にはうれしい支払い方法ですね。

接続方式

VPNが初めてという人には難しいかもしれませんが、VPNの接続方式にはいくつかの種類があり、かべネコVPNにもいくつかの接続方式があります。

  • shadowsocks
  • OpenConnect
  • IKEv2
  • PPTP
  • L2TP

ShadowsocksとOpenConnectはアプリを使って接続、それ以外は端末内で設定します。

設定方法はかべネコVPNのサイトに詳しすぎるくらいに説明されていますので安心です。

つながりやすさ

上の方でも書きましたが、9月16日からほとんどの他社を含むVPNがつながらなくなりました。

原因は中国政府によるサイバー安全週間と建国70周年の国慶節です。

Shadowsocksをメインに規制していたようなのですが、IKEv2も遅れて規制されました。

そんな中、かべネコVPNは毎日のようにサーバーを更新したり、テスト用のShadowsocksサーバーを立ち上げたりして対応していました。

現状や対応状況もメールで配信されていたのでVPNにありがちな「なぜだかわからないけどつながらない」ということがありませんでした。

現在では中国政府の規制も収まっているので、各社ともつながるようになっています。

速度についてもYouTubeが普通に見れます。

まとめ

おすすめポイントとしては

  • 価格が安い
  • 繰り越しができる
  • 対応が速い
  • にもかかわらず速度やつながりやすさが変わらない

というところです。

しかし中国政府によるVPN規制は年々厳しくなっています。現在は使いやすくても今後はどうなるかわかりません。

これはかべネコVPNだけでなく他社でも同じです。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする