中国人は新型コロナウイルスに興味なし

シェアする

こんにちは、日本では中国の新型コロナウイルスのことで大騒ぎになっている事と思います。

私は中国在住で中国人の妻もいるという事もあり中国人との交流は他の日本人よりも多いと言えるでしょう。

今回は2020年1月22日現在、新型コロナウイルスについて中国人はどう思っているのかを紹介します。

スポンサードリンク




被害状況

中国 感染者440名 死亡者9名
日本 感染者1名 死亡者0名
タイ 感染者2名 死亡者0名
韓国 感染者1名 死亡者0名
台湾 感染者1名 死亡者0名
米国 感染者1名 死亡者0名

数日前までは中国の感染者数が数十名だったのですが、一気に増えました。

海外で生活をしていると領事館より情報が送られています。今回のコロナウイルスについては1日に5通くらいのメールが送られて来ていて感染者数がみるみる増えています。

現在私が住んでいる所は昆山という所で上海から車で1時間くらいの場所です。新型コロナウイルスの発生源の武漢からは800キロほど離れています。

J実は私の妻は湖北省の出身で武漢からは200キロほど離れている小さな町で、別の都市に移動するには必ず武漢に行かなければなりません。

その町と武漢の間にはバスや専用車が1日に何往復もしていて武漢から移動してくる人も1日に1000人くらいいるかと思われます。

妻と子供は1月5日から19日まで実家に帰ってました。

中国人は新型コロナウイルスをどう考えているのか

日本では大騒ぎになっている新型コロナウイルスですが最も感染しやすい場所に住んでいる中国人たちはどう考えているのでしょう。

私の会社には日本人が5名います。日本人同士の会話は新型コロナウイルスの話ばかりになってます。

ところが中国人に新型コロナウイルスの話をする人はほとんどいません。

中国人にとっての新型コロナウイルスはインフルエンザ程度のことなんです。

中国人は危機管理能力が非常に低く、当事者にならない限りは大騒ぎをしません。

「もし自分が感染したら・・・」と考える事はありません。ですのでマスクもしません。

完全に他人事です。

昆山の病院

妻と子供が武漢と関係のある町に行っていたという事を書きました。

昆山に帰って来た次の日から子供が熱を出した為、病院に連れて行きました。

昆山市で最も大きな病院です。

夜9時頃行ったのですが診察室には長蛇の列ができていて診察を受けるまでに2時間待ちました。

熱がある事を伝えても「それじゃ解熱剤を出しておきますね」で終了でした。

病院でも新型コロナウイルスに敏感になっている事もありませんでした。

次の日に別の病院に行きました。台湾系で診察料が高い事で有名な病院です。

診察料が高い事もあり人は少なく、全く待つ事もなく診察を受けられました。

熱がある事、武漢の近くに行っていた事を伝えました。

ですが「この病院には新型コロナウイルスを診断できないので気になるなら他の病院に行って下さい」と言われただけでした。

中国の病院は日本のように連携が取れてないんです。他の病院を紹介しても自分の病院に利益があるわけではないですからね。

まとめ

中国人にとっての新型コロナウイルスはインフルエンザが流行している程度のもの。

病院も特に気にしてない様子でした。

ちょっと面白いのが庶民が行く病院ではマスクをしている人はほとんどいなかったのに対して、お金持ちが行く病院ではほとんどの人がマスクをしてました。