【中国新型コロナ】未だ企業の営業再開できず

シェアする

中国でもういを振るっている新型肺炎(コロナウイルス)ですが感染者の増加が衰えそうにない感じですね。

以前、中国政府の通達で春節休暇を1月30日までのところを2月2日までに延ばしていました。

実際にはこの春節休暇の延長は各地域によって異なり、多くの省で2月9日まで延長されています。

私が住んでいる江蘇省でも2月10日からの営業再開の予定でした。

ところが2月8日になり新たに通知が出て10日からの再開ができなくなりました。

新たな通知によると、水、電気、ガス、食材を扱う企業は2月10日から営業再開可能。

その他の企業は2月20日あるいは2月30日から営業再開となってます。

そして営業を再開するためには政府へ申請し許可を得なければなりません。

私の会社にこの通知が来たのが2月8日で本日(2月9日)に申請の資料を集めてますので2月10日からの営業再開はできなくなったというわけです。

それに営業再開の許可が下りたとしても従業員が集まりません。

ほとんどの従業員が春節休暇で故郷に帰っており、2月10日からの出勤に合わせて戻ってくる予定だったのですが、高速道路のインターチェンジが封鎖されていたり、なんとかアパートまで帰って来られてもアパートの入口で拒否され、また故郷に逆戻りする人も多くいます。

うちの会社では現在蘇州にいる従業員が1/3ほどしかいません。

蘇州にいてもアパートで隔離されて14日間の隔離中で外出できない人もいます。

材料や部品などの調達にも影響があります。

会社で利用しているサプライヤーは中国各地にあります。

私の会社で使用している重要な副資材の調達先が武漢なのです。

その会社に連絡したところ、営業再開がいつになるかわからないとのことでした。

武漢からの調達出なくても物流が止まっているところが多く、全く目処が立たない状況です。

私の感覚になりますが、新型肺炎(コロナウイルス)の影響がなくなり、以前と同様に工場を稼働できるのは5月か6月頃になりそうです。

スポンサードリンク