中国に5年間住んでいる私が見た中国人のマナーの悪さ(自己中)

シェアする

子供にゴミ箱でおしっこをさせたり、ごみのポイ捨てなどで、

世界各地で中国人のマナーの悪さがニュースになっていますね。

私は中国で5年ほど生活をしているのですが、

日本で見るような中国人のマナーの悪さは

まだまだ序の口だと感じます。

今回は私が実際に中国で見た中国人のマナーの悪いところや

自己中なところをを紹介したいと思います。

中国人のマナーが悪いのは一言で言ってしまうと、

「自己中」なんですね。

自分さえ良ければ他の人が困ることになっても関係ない

と考えている人が多いんです。

いや、ほとんどの中国人が自己中だと言ってもいいでしょう。

スポンサードリンク

列に並ばない

買い物でレジに並んだり、駅で切符を買ったり、病院で診察待ちなどを

している時ですが、普通に順番待ちをしますよね。

レジではほとんどの中国人がきちんと順番待ちをしているのですが

必ず一人か二人は横入りをする人がいます。

中国で列に並んでいると後ろの人が自分にくっつくほど近くに並びます。

中国に来たばかりの頃は驚いたのですが、これには理由がありました。

列に少しでも隙間があるとそこに横入りする人がいるんです。

ですから中国人は列に並ぶときには前の人との間に隙間がないように

並びます。

それでも列に並ばずに先頭に行き、自分だけ先にお金を払おうとする人もいます。

長い列に並んでやっと自分の番になったと思ったら、

横から手が出てきて商品とお金を強引に店員に渡すんです。

マナーが悪いというより自己中ですね。

ドアを閉めない

会社でのことなのですが、私は事務所で仕事をして、

夏場は暑いのでエアコンをつけています。

エアコンをつけている間は冷気が外に逃げないように

窓やドアを閉めていますよね。

うちの事務所もそのようにしているのですが、

他の部署から人が入ってくるときに

全ての中国人がドアを全開で入ってきて、閉めずに用事を済ませるんです。

その間に涼しかった部屋は外と同じくらいの気温になってしまいます。

そして事務所から出ていくときにドアを閉めるのかと思ったら

そのまま出ていきます。

その後その中国人たちが事務所に入ってきたときに

「ドアを閉めて」と注意をしても「ちょっと待って(中国語)」と

言って閉めることはありません。

本当に自己中です。

中国式の回るテーブル

日本でも中華料理店に行くと見かける円卓で中心が回転するタイプの

テーブルがありますよね。

「中華料理はやっぱりこのテーブルだよね」

という人もいるかと思います。

でもこのテーブルは中国人が自己中だからこそ生まれた家具だと思いませんか。

だって自分が食べたいおかずを自分の前に持ってくるんですから。

自己中な中国人しかあのような家具は思いつきません。

自動車の運転

中国人の生活が豊かになっていくにつれて増えているのが

自動車です。

マナーの悪い中国人が運転する車ですから、

日本では考えられないようなことをよく目にします。

交差点は先に侵入した方が優先

中国の交通法規についてはよくわかりませんが現実では信号のない交差点は

先に交差点に入った方が優先になっています。

ですから大通りを走っていても路地から一時停止をせずに

飛び出してくる車がたくさんいます。

まさに早いもの勝ちと言った感じです。

信号待ちで列に並ばない

上で書いたように中国人は列に並ばない人が多くいますが、

車の運転でも同じです。

交差点の左折(中国は右側通行なので日本でいうところの右折)待ちを

していると必ずと言っていいほど横から先頭に入ってくる車がいます。

交差点の真ん中で停止

交差点の先が渋滞している時は信号が赤でも交差点に進入して

前の車に続きます。

右や左からくる車が通行できなくなっても関係ありません。

列に隙間をつくれば横入りしてくる車がいるからです。

道路を横断している歩行者がいた時

日本では道路を横断している歩行者がいた時に自動車は止まりますが、

中国ではクラクションを鳴らして威嚇しながら加速してきます。

二重駐車

道路の脇に駐車している車があってもその横に駐車してしまいます。

元々停めてあった車が出れなくなっても関係ありません。

一時停止するときに道路の脇によせない

人の乗り降りなどでちょっと停めるときなどは

走行していたままの位置で停止します。

後ろの車が通行できなくなっても関係ありません。

中央車線から右折

これも日本でいうところの左折にあたります。

片側3車線くらいの道路で内側を走っていた車が

突然右折してきます。

「俺が右折したいから右折をするんだ。え?後ろからの車?しらん。」

と言った感じです。

渋滞の原因

中国でおきる道路の渋滞の原因は日本とは違っていて

運転手のマナーの悪さでおきる場合が多くあります。

中国人は渋滞にはまると歩道や反対車線を当たり前のように走り、

少しでも前に進もうとします。

反対車線を走れば対向車は走行できなくなるので反対車線も渋滞します。

何とか渋滞を抜けた時にその渋滞の原因が何だったのかを見てみると、

対向車線を走っている車が多い為でした。

頭が悪すぎます・・・。

子供にどこでもおしっこをさせる

以前ネットで「子供をゴミ箱でおしっこをさせる」

という中国人の行為が話題になりましたね。

実際に中国人がそのような行為をしているかどうかですが、

ゴミ箱どころかどこでもおしっこをさせています。

特にひどいと思ったのはスーパーの中のちょっと広くなっているところで

床におしっこをさせていました。

そのおしっこをしているすぐ脇にはトイレがあるのにかかわらずです。

ゴミのポイ捨て

中国人のゴミのポイ捨てもたまに話題になりますが

日本人が思っているほど中国の街中は汚れていません。

かといって中国人がポイ捨てをしないのかというと

そうではなく、掃除をする人がたくさんいるからです。

中国人にとってポイ捨てがいけない事という感覚はありません。

「外にごみを捨てて何がいけないの?」という感覚です。

商店街には10mおきくらいにゴミ箱が設置されているにもかかわらず

ほとんどの人が利用していません。

利用しているのはゴミ掃除を仕事にしているおばちゃんです。

ゴミ箱の周りのゴミを取り、ゴミ箱に捨てるのです。

以前中国人の友人になぜゴミ箱がそばにあるのにポイ捨てをするのかを

聞いたのですが、逆になぜ外なのにゴミ箱に捨てなければならないのかと

聞かれてしまいました。

スーパーの店員が仕事をしてない

中国のスーパーでよく見かけるのが店員が仕事をしないで昼寝をしていたり

他の店員と雑談をしていたりすることです。

特に日用品売り場でこのような店員を見かけます。

そのような店員がいるにもかかわらず上司が叱ったりすることはありません。

それ以外でも品出しのために通路をふさいで客が

目的の商品を探せないこともあります。

上司が叱らないのは理由があります。

他の店員と雑談をしている店員の仕事は客が来た時に商品をすすめることですから

客が車では何もしませんし、品出しをしている店員は

品出しをすることが仕事です。

日本のスーパーのように「お客様」という感覚は持っていないのです。

まとめ

中国で生活をしていると中国人のマナーの悪さは日本で話題になるよりも

かなり多く見ることがあります。

そんなマナーの悪い中国人自身がどう思っているのかというと

それが当たり前ですからなんとも思ってないんですね。

スーパーの壁には「痰を吐いたり、ゴミを捨てたりしてはいけません」

と書かれた看板があったりしますが、全く意味がありません。

中国のネット上でも「なぜ我々中国人は民度が低いのか」と話題になり、

「日本を見習わなければならない」という書き込みもあります。

きっとそのような書き込みをした中国人も行動には移してないのでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 松本 より:

    中国人と仕事をしていますが、手抜き全開で、自分の仕事が終わってないのに、終わったとウソついて、しかも時間まで、現場に居なくては、ならないのに、帰ろうとします。
    止めると、怒鳴って怒ってきます。
    帰らせないだけで、僕も手一杯です。
    仕事をやってないとか迄は、注意が、出来ません。
    中国人は、自己中全開です。