母の日の由来は?2016年はいつ?

シェアする

母の日

あなたはお母さんを大切にしていますか?

5月には母の日がありますね。

これまであまり親孝行をしてこなかった人も

母の日くらいは親孝行をしてみてはいかがでしょうか。

1年に1度ある母の日ですが

どのような由来があるのでしょうか?

そして毎年日にちが変わる意味とは?

2016年はいつが母の日になるのでしょうか。

スポンサードリンク

母の日の由来

母の日の由来は100年以上のアメリカでのことでした。

母親のことを深く愛していたアンナ・ジャービスという

女性がいたのですが、彼女の母親は亡くなってしまいます。

母親が亡くなってから2年後にアンナは母親のために記念会を

開き、そこで母親が好きだった白いカーネーションを送りました。

記念会に集まった人々はアンナの母親を想う気持ちに感動し、

次の年に最初の母の日を祝ったのです。

集まった人々が感動するほど母親を愛していたって

すごいことですね。

母親は大切にしなければならない

と思い知らされたのでしょうね。

2016年の母の日はいつ?

母の日は5月の第2日曜日です。

これはアンナが亡くなった母親の記念会を開いたのが

1907年5月10日で第2日曜日だったからです。

次の年に初めての母の日が行われたのは

5月10日で、これも第2日曜日なのです。

なぜ日曜日なのかというと

アンナの母親は教会で教師をしていて

記念会を開いたのも教会だったのです。

人々が教会に集まるのは日曜日だから

ということですね。

2016年の母の日がいつなのかというと

5月8日です。

日本での母の日はいつから?

日本での母の日は昭和の始めころに

大日本連合婦人会が結成され、

それをきっかけに皇后の誕生日(3月6日)を

母の日としました。

しかしあまり普及しなかったんです。

1937年5月8日に森永製菓が

「森永母の日大会」を開催したところから

全国に広まるようになりました。

1949年からはアメリカと同じように

第2日曜日が母の日となっています。

おわりに

「親孝行したい時、親はいない」

ということわざがありますね。

母の日は1年に1度ですが、

できれば普段から母親を大切にしたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする