中国のカラオケ事情は日本とは全く違う

シェアする

今や世界中でKARAOKEと呼ばれ大人気なカラオケ。

もちろん中国にもカラオケはあるのですが

日本での楽しみ方とは全く違います。

中国人にとってカラオケとはどのような存在なのか、

どこが日本と違うのかを紹介しようと思います。

スポンサードリンク

中国のカラオケは男の欲望を満たすもの

カラオケを中国語では「卡拉OK」といいます。

これはカラオケの機械を使って歌を歌う行為のことで、

カラオケをする場所、つまり日本でいうところの

カラオケボックスは中国語でKTVと呼ばれています。

しかしこのKTVは日本のように歌を歌って

ストレスを発散する場所ではありません。

中国のカラオケボックス(KTV)はお店の女の子と

イチャイチャする場所なんです。

中国のカラオケの部屋は日本よりも豪華に作られています。

まるでキャバクラのようです。

部屋に入りしばらくすると女の子たちが入ってきて前に並びます。

大きい店では20人くらいの女の子たちがずらりと並びます。

小さい店でも5人くらいは入ってくると思います。

その中から気に入った女の子を選ぶとその他の女の子たちは帰っていきます。

そして選んだ女の子とカラオケをしながら会話をしたりするのですが、

ボディタッチもOKです。

胸を触っても何も言われません。

中には追加料金を支払ってお持ち帰りできてしまう娘もいます。

しかし女の子なんていらないから素直に歌いたいという人でも問題ありません。

中国のカラオケボックスに日本語の曲はある?

中国のカラオケは曲数も豊富にあります。

外国(中国から見て)の曲もたくさんある中に

もちろん日本の曲もあります。

しかしそのほとんどがかなりオタクよりになっています。

どこかの声優の曲だったり、知らないアニメソングだったり、

知っているアーティストを見つけても、シングルではなく

アルバムの曲だったりします。

中国のカラオケボックスで普通の日本人が歌える曲は限られると思います。

中国人グループと一緒にカラオケに行くと必ず「北国の春」を勝手に選曲されて

「日本語の曲を入れたから歌いなよ」と言われるのですが、

そんな古い曲最近の若者は知りませんよ(^^;

中国でおもしろカラオケボックスを見つけた

先日、中国であるショッピングモールに行ったところ、

このようなものを見つけました。

karaokechina

一瞬プリクラのような機械なのかと思いましたが

近くに行ってみてみるとカラオケボックスでした。

私が高校生くらいだった頃(25年くらい前)、

ゲームセンターの片隅に電話ボックスのように設置されていた

ガラス張りのカラオケボックスを思い出してしまいました。

そういえばあれがカラオケボックスの名前の由来でしたね。

まとめ

中国のカラオケは大人の男の遊び場ですが、

最近は女の子のいないKTVも増えてきていると言います。

ただ男としてはせっかく中国に行ったのだから社会見学として

一度はカラオケに行ってみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする