ホントのところ中国人は日本人のことをどう思ってるのか

シェアする

反日デモがあったり中国漁船が日本領海に侵入したりと

いろいろお騒がせな中国。

ネット上では「一部の中国人が反日でそれ以外は普通だよ」なんて話も目にします。

本当のところ中国人は日本人のことをどう思っているのでしょうか。

私が実際に中国人から聞いたり目にしたことをまとめます。

スポンサードリンク

反日教育

以前、ネットだかテレビ番組だか忘れましたが

中国人が「学校で反日教育なんてしてない」と言っていました。

中国人に聞いてみると確かに学校で反日教育はしてないようです。

しかし後述の抗日ドラマが国営放送で毎日放送され、

毎日日本のニュースが間違った翻訳で放送されています。

それを見て育った子供たちはどう思うでしょうか。

「日本=悪」と心に刻まれるに違いありません。

抗日ドラマ

中国のテレビ番組はドラマが主流です。

日本のようなバラエティ番組は非常に少なくあまり面白くありません。

ドラマの内容は大きく3つに分かれます。

1つはドロドロな恋愛もの、1つは日本でいうところの時代劇っぽいもの、

そしてもう一つは戦争ものです。

この戦争もののドラマですが戦う相手は日本人で悪者になっています。

いわゆる抗日ドラマといわれ、毎日放送されない日はありません。

ちなみに抗日ドラマの中で日本の偉い人が「馬鹿野郎!!!」と

叫ぶことが多いので中国人はこの言葉は通じます。

中国人は日本人をどう思っているか

中国人が日本人のことを実際にどう思っているのかは

地域、年代、教育レベルによって異なります。

教育レベルが高いとそれなりに自分で調べたり、

しっかりとした意見を持っている人が多いので

それほど反日というわけでもありません。

逆に教育レベルが低いと反日感情が強いのかと言うとそうでもありません。

おそらく反日にならないほど学んでないのでしょう。

そしてその中間の教育レベルが高いわけでもなく低くもない中国人が

特に反日感情が強いように感じます。

年代では若い人ほど反日感情は低く、年配の人ほど高いですね。

地域では都市部になるほど反日感情が強く、田舎に行くほど低くなっています。

全体でみると反日感情のある中国人はけっこう多くいるように思えます。

基本的に日本人は悪者だと思ってる中国人

上述のように毎日抗日ドラマを観て育った中国人ですから

日本人は残忍で中国人の敵だと思っている人が多いのが事実です。

私の妻は中国人で、妻の親戚とその友人とで食事をした時の事です。

親戚が友人に向かってこう言いました。

「日本人は悪い人たちばかりだけど○○さん(私)は良い人なんだよ」

その親戚は私以外の日本人と接したことは一度もありません。

それに私はごく普通の日本人で特別「良い人」なわけではありません。

なのに何で「日本人は悪い人ばかり」だと言い切れるのか。

やはり中国のテレビドラマやマスコミの影響なのでしょう。

中国のネット上では日本に旅行に行った中国人の話で盛り上がることがよくあります。

そのほとんどが「自分の考えていた日本とは全く違った」というものです。

中国国内で抗日ドラマで見た残忍な日本人やや政府が批判する日本とは違い

穏やかで優しい民族が住んでいたというのです。

もっと中国人が日本に来て、逆に多くの日本人が中国に行って

本当の日本という国をもっと知ってもらいたいと願っています。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする