中国で中古のiPhoneを買ってみたらえらい目にあった・・・

シェアする

中国のiPhone

世界一のコピー品大国と言っても過言ではない中国。コピー品の中にはiPhoneもあります。そんな中国で中古のiPhoneを買ってみました。

筆者はもともとiPhone6 Plus と iPhone7 Plus を使っていました。私の妻もiPhone6 Plusを使っていたのですが落として無くしてしまったので、私のiPhone6 plusを妻に譲り、その代わりに中古のiPhoneを買うことにしました。

中国の大きな都市には建物の中全てが中古の携帯電話を売っているような場所がたくさんあります。筆者もそんな携帯電話市場で中古のiPhoneを購入しました。

携帯電話市場に入ると各お店の店員が一斉に声をかけてきます。いくつかのお店の店員に聞いてみると、新品のiPhone5sが1500元(約25500円)、中古のiPhone6も1500元くらいということでした。

情報を仕入れたところで別の店に行って価格を聞き、値段交渉をします。そのお店にあった中古のiPhone6は「外見は傷だらけだけど修理をしてないもの(1700元)」と「外見はきれいだけど修理履歴があるもの(1400元)」でした。

どちらとも起動して確認しましたが特に問題はみられませんでしたので外見がきれいなiPhone6を値切って1260元で購入しました。

この時に最大のミスをしてしまいました。

実はこの時にSIMカードを持ってなかったのです。ですのでSIMカードを挿入して確認はできませんでした。

中国では「中国電信」「中国移動」「中国聯通」という3つの通信業者があります。私は中国移動を使っていて、店員にも確認しましたが中国移動のSIMカードが使えるiPhoneだということでした。

家に帰りSIMカードを挿して起動してみたのですがSIMカードを認識しません。家にある全てのSIMカードを挿してみましたが全てダメでした。

それと変なのが、黒くて薄いゴムに端子がついたものをSIMカードに重ねて挿入しなければならないというところです。このゴムみたいなものを使わないでSIMカードを挿入するとSIMカード自体を認識しません。

次の日にiPhoneを買ったお店にクレームをつけに行きました。

店員にSIMカードが使えないことを言うと、iPhoneを別のお店に持っていき新しいゴムみたいなものと交換し、パソコンにつないでiPhoneの中身を書き換えているようでした。そのお店は修理専門のお店のようでたくさんのiPhoneが分解されていました。

私が購入したiPhoneを修理している人に聞くと、このiPhoneは中国電信専用でゴムのようなものと一緒に別会社のSIMカードを挿入すると別会社のSIMカードも使えるようになるということです。

日本でいえばドコモのiPhoneにauのSIMカードを挿しても使えるようになるようなものですね。

ただしソフトウェアアップデートをしたり元々インストールされていたアプリを削除すると起動すらできなくなるそうです。

これを聞いてからこのiPhoneはほしくなくなりました。

修理の人が1時間くらい何かをやっていたのですが、「どうやってもこのiPhoneは治らない」ということでした。私としてはもうこのiPhoneはいらないので使えないiPhoneを売った店に文句を言って返金してもらうことにしました。

iPhoneを買った店に言って使えないことを説明して返金を求めたのですが「一度売ったものは返金できない」と言われました。

日本だったらありえないことですね。使えないものを売っておいて、返金もしないなんて・・。

店員は+400元で昨日見た外見が汚いiPhoneを進めてきましたが拒否しました。そこで別の店で1500元で新品のiphone5sが売っていたのを思い出しました。そのことを言うと「あれは新品だけどカバーを交換しているからおすすめできない」と言います。

新品なのにカバーを交換する理由はわかりませんがこれもなんだか怪しいので諦めました。結局中古のiPhone5sでなるべくきれいなものを探してもらい100元だけ返金してもらいました。

中国でiPhoneのシェア率は10.8%だということですが実際に街中で携帯電話を使っている人を見てみると50%以上の人がiPhoneを使っているように見えます。これは出荷台数が10.8%だというだけで販売店で話を聞くと、日本や香港、アメリカから個人輸入して販売している物が多いそうです。

中国本土で正規のiPhone6を購入すると4000元くらいするのに対し、日本版のiPhoneは3000元ほどで売られていますから多くの中国人が輸入品のiPhoneを使っているのでしょう。

そしてこれから中国でiPhoneを購入しようと考えている方に注意しておきます。中国で売られているiPhoneはコピー品はあまりありません。しかし部品を寄せ集めて組み立てたものを新品として売られているのがほとんどです。

それでも安ければいいと考えている人はいいかもしれませんが、そんな人はあまりいませんよね。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする



スポンサードリンク