中国で流行ってるレンタル自転車(mobike)が便利すぎる

シェアする

中国のレンタル自転車

ひと昔前の中国では自転車が多いことで有名でした。しかし今では自転車に代わり電動バイクが主流になっています。そして自動車の普及と都市部の二輪車規制により昔のようなたくさんのバイクや自転車を見ることはなくなりました。

中国人の自転車離れが進んでいる中、最近になって流行っている乗り物があります。それはレンタル自転車で名前を「mobike(モバイク)」といいます。盗難が多い中国でレンタル自転車は不向きと思われがちですが、その仕組みはよくできています。

このレンタル自転車(mobike)ですがレンタルするための受付けなどはありません。街中に停めてあるレンタル自転車(mobike)を好きな時に乗ることができます。そして必要がなくなったら適当な場所に乗り捨てます。

どうやって料金を支払うのかというと、中国で流行っているチャットアプリ「微信(WeChat)」を使います。微信には仮想通貨機能があり、銀行と連携させることによってスーパーなどで支払いができるのですが、レンタル自転車(mobike)でもこの機能を利用します。

レンタル自転車(mobike)をレンタルするときは自転車に貼り付けてあるバーコードを微信(WeChat)で読み取ります。すると自転車の鍵を開けることができ、レンタルを止めたい時は鍵を閉めてまたバーコードを読み取ります。すると使った分だけの料金を支払うことができるのです。筆者もちょっと買い物に出かけたり、サイクリングしたくなった時などはよく利用します。

レンタル料金も格安で都市によるとは思いますが、私が住んでいる武漢や広州では30分につき0.5元(8円)です。この安さからなのか多くの中国人が利用しています。

レンタル自転車(mobike)の利用を始めるには保証金として300元を支払う必要があります。自転車を不正に利用した場合などはこの保証金は返ってきません。おそらくこの300元が自転車の購入代金になっているのでしょう。ですので盗難対策もできているわけです。

さらにこのレンタル自転車(mobike)の機能ですが、前後輪がディスクブレーキになってます。そしてペダルから後輪に動力を伝える方式はシャフトドライブ。思っていたよりも快適に走らせることができました。

東京などでもこのようなレンタル自転車が活躍すれば渋滞が緩和されるかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク