これからの嫌いな人との接し方の話をしよう

シェアする

嫌いな人との接し方

人間誰でも嫌いな人がいるかと思います。

嫌いとは言わないまでも苦手な人はいるでしょう。

学生の時は良いのですが社会人になると

嫌いな人ともうまく接しなければならない時も

多くなりますよね。

そんな嫌いな人に対してどのように接すればいいのかを紹介します。

スポンサードリンク




なぜ嫌いなのか

あなたが嫌いな人はどのような所が嫌いなのでしょうか。

顔、声、表情、しぐさ、匂い、話し方、性格、

いろいろあると思います。

ではなぜその人のことが嫌いなんでしょうか。

おそらくこれまでにあなたが経験してきた中で

嫌なことがあり、その事と嫌いな人を重ねてみているのでしょう。

そして一度嫌いと思ってしまうと、

その感情はなかなか取り除くことはできません。

私が以前に勤めていた会社である社員ともう一人の社員が

とても仲が悪く、二人が話をしているのを見たことがありませんでした。

しかし数年が経ち、気が付けば二人は大の仲良しになっていました。

2人で飲みに行くほどです。

このように元々は嫌いだった人も将来的には

好きになっている可能性もあるのです。

嫌いな人との接し方

嫌いな人と接するのはとても嫌ですね。

だって嫌いなんですから(^^;

でもそんな嫌いな相手と付き合っていかなければ

ならない時もありますよね。

そこで嫌いな人との接し方を紹介します。

顔を合わせない

「接し方」を紹介すると言いながらいきなり「顔を合わせない」

というのもなんですが、これが最も有効です。

嫌いな人の顔を見なければ嫌な思いもしなくて済みます。

遠くに嫌いな人がいるのを見た時はできるだけ速やかに

その場を離れましょう。

相手がどんな人なのかを詳しく知る

あなたがその人を嫌いだと思っていても

その人を好きな人はきっといるでしょう。

第一印象で嫌いだと決めつけてしまいましたが

その人のことを深く知ってみると

実はあなたに合った人物なのかもしれません。

嫌いと決めつける前に相手のことを

もっと知ることも必要だと思います。

嫌いな人の良いところをさがす

上の「相手を詳しく知る」と似ていますが

嫌いな人の良いところをもっと見ることも必要だと思います。

人は良いことよりも悪いことの方が印象に残りやすいのです。

10個いいところがあっても、1個の悪いことで全てを

嫌いになってしまったりします。

そこで悪い感情を超えるようにもっと

相手の良いところを探してみてはどうでしょうか。

感謝する

どんなことにでも感謝をしてみましょう。

反面教師という言葉がありますね。

嫌いな人の嫌な部分を見て、

「自分もこのようにならないようにしよう」

と考えてみてください。

そうすればその嫌いな人がいなければ

自分が嫌われる人にならずに済みます。

そして「私を嫌な人にさせないでくれてありがとう」

と感謝するのです。

感謝を繰り返していくうちに嫌いな感情が

好きになるかもしれません。

まとめ

人は一度嫌いと思ったらその感情はなかなか取り除けないものです。

ここで紹介した「嫌いな人との接し方」を実践してみましょう。

きっと嫌いな人との関係が上手くいくと思いますよ。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする