中国が電動の乗り物の最先端を行っていた!

シェアする

中国の電動乗り物

みなさんは中国の技術というとどのようなことを思い浮かべるでしょうか。先進国でない中国は日本よりもずっと遅れていると考えるでしょう。私もそうでしたが実際に中国で生活してみると意外なものが進んでいました。

それは電動の乗り物。今回はそんな中国の電動の乗り物を紹介します。

スポンサードリンク

電動バス

少し前までは道路の上に設置された電線から電力を取るバスが多くありましたが、それでは決められた道路しか走行できませんでした。現在ではバッテリーを積んで自由に走れる電動バスが主流になっています。

電動タクシー

数年前からよく見かけるようになったのが電動タクシー。EV車をタクシーにしたものですが日本でEV車を見るよりも多く見かけます。

電動スクーター

日本では考えられないことですが、中国では電動スクーターに乗るのに運転免許は必要ありません。中国政府が電動スクーターを広めるためにした制度らしいです。私もこのタイプの電動スクーターを乗っていて、時速約45km、フル充電で約60kmの距離を走ることができます。

電動自転車

日本で電動自転車と言えばこぐ力をアシストするタイプのものです。しかし中国の電動自転車はモーターの力で普通に走行できます。ちょっと前までの電動自転車は残念なデザインのものが多く、あまり購入したいと思えませんでした。最近ではかなりスタイリッシュになっています。

一見電動ではなく普通の自転車のように見えるものが増えてきています。私の知り合いの日本人は2枚目の画像のような折り畳みタイプの電動自転車に乗っているのですが、こっそり日本に持って帰って日本で乗りたいと言っていました(笑)。

電動立ち乗り二輪車

電動立ち乗り二輪車と聞くとピンとこない方も多いかと思います。セグウェイと言えばわかりやすいでしょうか。日本では規制があり走る場所が限られているため、あまり見かけることがありませんが、中国では規制がないのでよく見かけることがあります。ちなみに価格は500元(約8000円)ほどになってます。

電動キックボード

本当に電動で走るの?と思わせるほどすっきりとした外見の電動キックボード。ハンドルの軸部分にバッテリーが内蔵され後輪が直接モーターになってます。これも日本では保安基準に適合しないので日本で目にすることはないでしょう。

まとめ

ここまで中国の電動乗り物を紹介しましたがいかがだったでしょうか。中国は日本に対して乗り物に対する規制が緩いので多くの会社が電動の乗り物を開発してきたのだと思います。

日本は規制が多く、このような乗り物は販売できません。そのために電動の乗り物に関しては中国の方が技術が進んでいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする