中国で人気のテレビドラマ3大ジャンル

シェアする

中国のドラマ

中国のテレビのチャンネルは種類が多く、国営放送のCCTVは子供向けチャンネルや映画専門チャンネルなど16チャンネル、各地方チャンネルなどを合わせると100チャンネル以上にもなります。

その中でも人気のジャンルは日本と同じようにドラマです。各チャンネルで様々なドラマが放送されています。ドラマの中でもいろいろなジャンルがあると思いますが、現在中国で人気のドラマのジャンルを3つ紹介します。

スポンサードリンク




抗日ドラマ

抗日ドラマが中国で放送されているのは皆さんもご存知でしょう。基本的なストーリーは戦時中の物語で悪者として日本人が登場します。日本人が中国を侵略しようとするところを中国の英雄がやっつけるといった内容になります。

日本では中国の反日教育について問題になることがありますね。中国人に聞くと「反日教育は行われてない」と言いますが、毎日のように抗日ドラマが放送されていれば、それを見て育った中国人は「日本人は悪者」という意識を持つに違いありません。

ただひとつ面白いのは抗日ドラマに日本人役として出演している俳優も中国人だというところです。当然ドラマの中で日本人は日本語を話します。その日本語が下手くそすぎる・・・。

役者によっては日本人が聞いても聞き取れないほどです。中には日本語を勉強したと思われるような俳優もいますし、日本では無名な日本人俳優が演じている事もあります。

ドラマとは離れてしまいますが中国人に「日本語知ってる?」と聞くとほとんどの人が「バカヤロー!」と答えます。これは抗日ドラマの中で日本人の上官が部下に向かって叫ぶシーンが多いためです。

恋愛ドラマ

おそらくどの国でも人気なのは恋愛ドラマだと思います。中国でも恋愛ドラマは大人気なのですが、日本とは少し違います。それは超ドロドロの恋愛ドラマだというところです。

浮気や不倫は当たり前で恨みからの殺人事件もよくあります。女性が主人公の場合が多く、恋する相手は必ずお金持ちの男性です。話の内容が二転三転するので1話を見逃すと訳がわからなくなります。

時代物

日本でいうところの時代劇のようなものです。登場する人物は中国の昔の衣装を着ていて、街並みも昔の街並みです。一つ違うのは登場人物が魔法のようなものを使えるというところ。

戦闘シーンが多く、カンフーのように戦い、空を飛び、掌から衝撃波を出して敵を跳ね飛ばしたり、超能力のように物を宙に浮かせて相手に向かって飛ばしたりします。

まとめ

日本では一つのドラマは10~12話ほどですが、中国のドラマは30~50話もあります。放送回が多いので週一ではなく毎日放送されます。しかも前日まで5話くらいの再放送を新しい回の前にするので毎日5~6時間も同じドラマが同じチャンネルで放送されています。

日本のように警察物や医者物などの特殊な職業の人が活躍するドラマはほとんどありません。上で紹介したような抗日ドラマや恋愛ドラマ、時代物のみと言っていいほどです。

おそらく中国人にとってテレビドラマとは現実とかけ離れた内容が好まれるのでしょう。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする