中国の詐欺手口がせこい 日本ではありえない手法

シェアする

日本での詐欺といえば巧みな話術で人を騙すことが多いですね。結婚詐欺やオレオレ詐欺など騙す相手を一人に絞るのも特徴です。中国の場合はというと一人を相手にするのではなく路上で不特定多数の人を騙すことが多いんです。

中国の繁華街に行くと必ずと言っていいほどそのような人を見かけるのですが、先日、中国のサイトで「街頭で騙す手口9つの写真、あなたはいくつ見たことがある?」という題名で9つの例を紹介していました。

スポンサードリンク

1.家庭の事情

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

中学生(中国ではジャージが制服)が路上で紙を広げて座っています。この紙には家庭の悲惨な状況やお金がないことが書かれています。しかしこのような人達は中学生ではなく20~30代の女性で、顔を見られないように髪で顔を隠すようにうつむいていることが多いです。

2.車を拭くおじいさん

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

交差点の赤信号などで停車している時にモップを持った人がやってきて勝手に窓や車体を拭き始めます。そしてお金を要求するのです。この「勝手に何かをしてお金を要求」する行為は路上だけではありません。以前私が行ったカラオケではトイレで用を足している時に後ろから肩を揉まれ、トイレから出るときにお金を要求してくるということもありました。当時は私も中国語を話せなかったためにその人が何を話しているのかわからず、「このカラオケはそういうサービスなんだ」と思い、「謝謝、謝謝」と言って出ていきました。

3.故郷の災難

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

「故郷が災難にあった」というような内容の紙を広げて助けてくれる人を待っています。このタイプの人は年齢も若く、身体に障害もない人が多いようです。

4.不良品を販売

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

不良品を良品として売っています。お店も構えずに路上で歩く人に声をかけているのですが、こんな販売方法で買う人がいるのも、さすが中国といったところでしょう。もちろん不良品を売った後はすぐに姿を消してしまいます。

5.家族の病気

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

1人は布団で寝て病気のふりをし、もう一人はうずくまって絶望感オーラを放っています。この人たちはどうやってここまで来たのでしょうか。もちろん普通に布団を抱えて歩いて来ています。

6.求職中

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

この人が持っている紙には「仕事を探しています」ということが書かれています。仕事を探すのが目的のはずの男の前には「お金を入れてください」と言わんばかりの空き缶が・・・。

7.偽物の家宝を販売

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

このおばさんのように、何だか価値のありそうな物を「我が家の家宝だ」とか「古い物置から発見された」などと言い、普通の工芸品を高く売りつけます。ただ筆者が思うのは芸術品って買う人の気持ち次第ではないでしょうか。本人にとって価値があると思えば価値があるものなのです。

8.捏造品販売

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

ありもしない機能をあたかもあるように見せて販売する詐欺。この写真の場合は特殊な節電器を使うことにより乾電池一つで明るい電球を灯すことができるそうです。

9.サンプル携帯を売りつける

中国の詐欺
画像引用元:http://news.haiwainet.cn

スリなどで盗んだ携帯を路上で声をかけて売っています。盗品を売るだけでも酷いのですが、売る相手には本物の携帯で動作確認をさせて、いざ相手に渡すという時にポケットの中に忍ばせておいた携帯ショップなどにあるようなサンプル品を渡します。お金を受け取った後は逃げるようにいなくなってしまいます。

まとめ

中国の大きな繁華街を歩いているとこのような人たちを本当によく見かけます。警察も積極的には取り締まりません。軽く「こんな所で販売しちゃだめだよ」と言うくらいです。

特によく見かけるのは上の方で紹介した不幸を売り物にする「募金系」。このような人たちが減らないのは儲かるからです。聞くところによると1日路上に座ってるだけで1000元(15000円)くらい稼げるそうです。

現在の中国は裕福な人が増え、性格も見栄っ張りな人が多いために多くの人が彼らにお金を与えるのでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする