【War Robots】海外サーバーで外国人とバトルする方法

シェアする

War RobotsでVPNを使って海外のプレイヤーとバトル

War Robotsは複数のプレイヤーとチームを組み、バトルをするのが魅力なゲームですが皆さんがチームを組んだり、対戦相手となるチームの人たちが皆さんと同じ日本人だということはご存知でしょうか。

War Robotsはインターネットに接続している地域のサーバーに接続されるようになっています。つまり日本でアプリを起動させれば日本のサーバーに、アメリカでアプリを起動させればアメリカのサーバーに接続されるというわけです。

そこで今回は日本に居ながら海外サーバーに接続して外国人とバトルする方法を紹介します。

スポンサードリンク




War Robotsを海外サーバーでプレイする魅力

ゲームをする時は性格が出るものでWar Robotsでも同じです。日本人の性格は堅実で戦略的な人が多く、「いかに自分を守るか」ということを考えている人が多いと感じます。その証拠に芋と言われる開始位置近くで遠距離攻撃ばかりしているプレイヤーをよく見かけます。

対して外国人(特にアメリカ人)は積極的にバトルをする人が多く、ガンガン前へ出ていき接近戦を楽しんでいます。

海外のサーバーへ接続してWar Robotsをプレイすれば積極的にバトルをする人達と一緒にプレイすることができます。

海外サーバーに接続する方法

War Robotsを海外サーバーに接続するにはVPNという接続方法を使います。VPNとは「バーチャル・プライベート・ネットワーク」の略で仮想的に同じLANを構築することを言います。

例えば本社が東京に、支社が大阪にあるとします。支社は本社のデータを共有するためにVPNという接続方法で本社に接続します。すると東京と大阪とで距離が離れているにもかかわらず、大阪にあるパソコンは東京の本社のLANの一部になるのです。

簡単にいえば大阪にあるパソコンは外から見れば東京にあるように見えるのです。ですのでVPNで東京に接続された大阪のパソコンのIPを調べると東京のIPになっています。

War RobotsがインストールされているスマホをVPNでアメリカに接続すれば日本に居ながらアメリカのIPが与えられますからWar Robotsのサーバーもアメリカになるというわけです。

VPNを使う方法

VPNを使うには海外にサーバーを置く必要があります。個人で海外にサーバーを設置してVPNを構築するのはかなり難しいと言えます。そこでVPN接続のサービスを利用します。

VPNは普通に日本で生活している人は馴染みのないものかもしれませんが、実は海外在住の日本人にとっては無くてはならないものなのです。例えば中国ではネット検閲によりグーグルのコンテンツの全てが利用できません。YouTubeやツイッターも利用できません。VPNを使えばこれらを利用できるようになるので海外在住の日本人はほとんどの人が利用しているのではないでしょうか。

VPNに接続できるサービスには無料のものと有料のものがあります。無料と有料のメリットとデメリットを紹介します。

無料VPNのメリットとデメリット

無料なのでお金がかかりません。War Robotsを無課金でプレイしている人はお金をかけずに遊びたいと考えているかと思います。無料のVPNであれば海外サーバーに接続するのにも無料です。

しかし無料のVPNはセキュリティに不安があります。VPNに接続されたPCやスマホはVPNサーバーのIPに変わりますので位置情報を追跡することが不可能になります。しかしVPNサーバーの管理者から見ればあなたの情報がまるわかりになっています。海外の無料のVPNサービスはVPNに接続されているPCやスマホの情報を第三者に売り渡していることが多いそうです。

もう一つのデメリットは回線速度です。たとえこちらの回線が高速でもVPNサーバーのある場所の回線が低速だということもありますし、多くの人が同じVPNサーバーを利用すれば回線速度も分散してしまいますのでWar Robotsをプレイできないほどの回線速度になることもよくあります。

有料VPNのメリットとデメリット

有料VPNのメリットは回線が安定していることです。サービスを提供している会社によっても違いますが、サーバーを多く設置してできるだけ回線が混み合わないようにしています。中にはいろいろな国に接続できる会社もあります。そしてセキュリティについても安全と言えると思います。

デメリットはお金がかかるというところ。実際私も有料のVPNを利用してますが月に980円です。この価格が高いと感じるか安いと感じるかは個人によって違うかと思います。

有料のVPNを利用する際に気を付けたいのは「どこの国に接続できるのか」というところです。日本にある多くのVPN接続サービスの会社は海外から日本に接続することを前提にしています。海外サーバーに接続して外国人とWar Robotsをプレイしたいのですから日本に接続しても意味がありません。アメリカ人とバトルしたいのであればアメリカにサーバーがあるVPN接続サービスを選ばなければなりません。

VPNに接続できる有料のサービス

無料のVPNについてはセキュリティなどの問題があるため、紹介を控えさせていただきます。有料のみの情報になりますが役に立てればと思います。

セカイVPN

日本、アメリカ、ドイツ、韓国、台湾に接続可能。スマホだけでなくPCでも接続できます。料金は月額1080円で最大2か月の無料体験もできます。

どこでもVPN

筆者が利用しているVPNサービス。スマホではアメリカ、韓国、日本に接続でき、PCでは専用アプリを使って日本、アメリカ、韓国、台湾、カナダ、シンガポール、香港、ドイツ、フランス、中国、インドネシア、オーストラリアなどに接続できます。あまり有名な会社ではないので利用者も少なく回線が速いかと思います。無料体験あり。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする