【中国人の性格】「予防」意識がなさすぎる

シェアする

中国人の予防意識

皆さんは「予防」と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。病院で受ける予防接種なども予防ですが、無意識のうちに予防していることはよくあります。例えば信号機、これは事故を予防するためにありますし、窓にある網戸は虫が部屋に入るのを防いでいます。

私の周りの中国人にはこの「予防」の意識が低すぎると感じています。今回は私が感じた中国の予防意識のなさについて紹介します。

スポンサードリンク

食べ物をテーブルの上に吐き出す

例えば皆さんが「骨付きのもも肉」を食べる場合、その骨はどうしますか?。日本人であればお皿の上にそっと置くでしょう。魚の骨も同じです、口から骨を取り出してお皿の隅に置きますね。中国人はお皿の上ではなくテーブルの上にペッと吐き出すんです。初めてみた時は驚きましたが全ての中国人が同じように吐き出します。

日本人が食事で出たいらないものをお皿の上に置くのはテーブルを汚さないためです。つまりこれも予防の行為なんですね。

中国人はテーブルの上にいらないものを吐き出しますから食事後の片づけが非常に大変なんです。特に中華料理は炒め物が多くあります。ですので食事後のテーブルは油だらけになります。そのテーブルを水拭きするのですが水だけでは油汚れはなかなか落ちません。

中国人は「汚れたら後で綺麗にすればいい」という考え方をします。日本人から見れば「汚さないように食べれば後が楽でしょ」と思うのですが、片付ける人のことを考えてないんですね。

道路が泥だらけ

中国の道路ははっきり言って汚いです。ゴミが多いのではなくて泥だらけなんです。中国では開発中の土地が多くあり、団地やショッピングモールなどを至る所で建設しています。建設中ですからダンプカーなどの建設用車両が出入りしているのですが、日本のように建設現場から出るときにタイヤなどをきれいにしません。そのため工事現場付近が泥だらけになるんです。

晴れた日などは砂埃で視界がかなり悪くなることもあります。そこで道路を清掃するための車が走っています。

この画像のように道路に水を撒いているのですが歩行者がいても関係ありません。この車が近づいてきたら周りの人たちは逃げます。自動車にとっても迷惑です。せっかく晴れた日に洗車をしても街に出ればこのような車によって汚されてしまうんです。それに道路が水浸しになるので急ブレーキを踏んだ時なども危険です。

初めから道路が汚れないように気を付けていればこのような車は必要ありません。

まとめ

日本人は「汚れないようにする」、中国人は「後で掃除をするから汚してもいい」という考え方をします。中国の商店街にある魚屋は路上で魚をさばいていてウロコや内臓などを路上に捨てます。一応後で掃除をしていますが完全にはきれいになりません。特に臭いが酷いんです。

前もって汚れないように予防しておけばいいのになぜこんなことをするのでしょうか。日本人にとっては理解不能です。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする