中国でYouTubeやGmailを使うならVPNが必須

シェアする

中国でVPNを使う

中国に駐在している人にとって問題になるのは食事や治安ではありません。それは金盾(グレート・ファイアウォール)と言われるネット検閲です。

中国政府はこのネット検閲によって外国のサイトなどにアクセスすることを厳しく監視しています。そのおかげでYouTube、Gmail、Google検索などGoogleサービスはもちろん、アダルトサイト、ニコニコ動画、LINEなども利用することができません。

そこで中国で生活をしている日本人がネット検閲を避けて日本のサイトにアクセスするために利用しているのがVPNという接続方法です。

スポンサードリンク




VPNとは

VPNはバーチャル・プライベート・ネットワークの略で直訳すると仮想LANとなり、仮想的に家庭内LANや社内LANを構築するという意味になります。

通常社内LANや家庭内LANというと端末同士を一つのルーターで繋ぎます。そうすることで同じルーターで接続された端末同士が一つのLANになるわけですが、VPNの場合は離れた場所にある端末を仮想的に同じルーターに接続されているようにします。

例えば東京に本社があり大阪に支社がある会社があるとします。本社と支社で同じデータを共有したいとなった時にVPNが活躍します。大阪にある端末をVPNで東京の本社に接続すれば離れた場所にあっても同じ社内LANの中にある端末と同じようにデータを扱えるのです。外部からは社内LANに見えますから監視することは不可能になります。

日本と中国というように離れた場所にパソコンやスマホがあってもVPNで日本にあるサーバーに接続すれば中国にあるパソコンがインターネット的にはあたかも日本にあるように見えるのです。

YouTubeやGmailを使える

VPNの本来の目的は離れた場所にある端末同士を仮想的にLAN接続することにあります。しかしVPNの特徴である「外部から監視不可能」という技術を利用すれば中国政府のネット検閲を避けることができます。

VPNで日本のサーバーに接続された端末は中国政府の目に届かないのでネット検閲を気にせずに日本にいた頃と同じようにサイトを見たりネットのサービスを受けることができます。

もちろんYouTubeやGmail、アダルトサイトなんかも見れちゃいます。

まとめ

VPNで日本に接続すれば中国にいてもYouTubeやGmailを使うことができます。しかし今年に入り中国政府が「VPN接続を規制する」と宣言していました。どのように規制するのかはわかりませんが、これが実行されれば中国で生活している外国人にとっては脅威になります。

関連記事
⇒ VPN接続を安全だと思ったら大間違い

スポンサードリンク







シェアする

フォローする