【2018年】日本企業が運営する有料VPNを徹底比較!

シェアする

中国政府がVPNの規制を発表してから多くのVPNが利用できなくなりました。そこで2018年現在でも快適に利用できるVPNを徹底比較してみました。

比較の対象は日本企業が運営するVPNサービスです。海外のVPNは日本語に対応してないことが多く、トラブルがあったとしても日本語で質問もできません。

そしてサーバーが中国から遠いと繋がりにくいだけでなく、繋がったとしても速度が遅くなってしまう事もあります。日本人の場合は日本のサイトを開覧することが多いので日本にあるサーバーに接続できる方が快適にネットに接続できるんです。

また信用度の面を考えても日本企業の方が安心できるでしょう。海外の企業は日本人が望むような対応をしてくれないことが多いです。

ここで紹介するVPNは私が6年間中国で生活をしていて、実際に利用したことのあるVPNのみになります。

接続方法について

中国でVPNを利用したいと考えている人のほとんどがWindows・Mac・iPhone・Androidのどれかだと思います。

VPNの接続方法いろいろあるのですがPPTPとL2TPがあれば上記の全ての端末で接続することができます。ですので接続方法がたくさんある方が良いというのは間違いです。

専用アプリがあれば簡単に接続できるようなイメージがあると思います。しかしPPTPやL2TPでも一度設定してしまえば専用アプリと比較できないほど簡単に接続することができます。

会社によっては専用ブラウザというものがあります。これはVPNに接続しなくてもそのブラウザを使えば中国から見ることができないサイトを見ることができるというものです。

しかしオンラインゲームなどでブラウザを使わない場合は普通の接続となってしまいます。実際のところ、VPNを経由して全てのネットサービスに接続した方が面倒がないと思います。

どこでもVPN

接続方法 PPTP、L2TP、専用アプリ(Windowsのみ)
一度に接続できる機器数 1台
接続できる国 日本、アメリカ、韓国、台湾、シンガポール、その他多数
サーバー数 日本(18)、アメリカ(?)
無料体験 3日間
料金 30日(980円)、90日(2793円)、180日(5292円)、360日(9996円)

VPNの中でも管理人が最も長く利用してきたのが「どこでもVPN」です。以前は快適に使えていましたが、2017年7月より中国政府の規制が強まって以来、専用アプリが使えなくなり接続できる国やサーバーの数が激減しました。

接続できていたサーバーも突然使えなくなったりして、そのたびにサポートに連絡し、新しいサーバーを教えてもらうということを繰り返しています。

どこでもVPN公式サイト

セカイVPN

接続方法 PPTP・L2TP・OpenVPN・IKEv2、OpenConnect、専用ブラウザ
一度に接続できる機器数 3台
接続できる国 日本、アメリカ、ドイツ、韓国、台湾
サーバー数 日本(12)、アメリカ(2)、韓国(2)、台湾(2)、ドイツ(2)
無料体験 最大2か月
料金 1か月(1080円)

運営会社がネット業界大手のインターリンクなので安心感があります。無料のお試し期間も2か月あるので体験期間としては十分あります。

実際に接続してみると他のVPNよりも安定感があります。ネット上で「セカイVPNはつながらない」という記事をたまに見かけます。複数のVPNと契約しているとわかりますが、セカイVPNがつながらない時は他のVPNにもつながりません。

接続できる機器数も3台ありますのでPCとスマホを同時に接続したり、家族で同時に接続することができます。料金が他のVPNと比較しても少し高いですが、1台当たりの料金としては最安値になってます。

中国で生活をする上で最も頼りになるVPNでしょう。

セカイVPN公式サイト

スイカVPN

接続方法 PPTP、L2TP
一度に接続できる機器数 1台
接続できる国 日本
サーバー数 日本(1)
無料体験 2週間
料金 1か月(950円)、3か月(2565円)、6か月(4848円)、1年(9120円)

中国で使えるVPNの中ではかなり有名どころの「スイカVPN」。有名だからといって良いVPNかどうかは別ですね。有名になった理由は広告です。ネット広告が最も多いので多くの人が知ることになったのでしょう。

接続できるサーバーが一つしかなく、つながらなかった時に別のサーバーに変更するということができません。また、接続できる機器が一つだけなので複数の機器でVPNを使いたい時はいちいち接続を切らなければなりません。

スイカVPN公式サイト

良之助VPN

接続方法 PPTP、L2TP、IKEv2、専用ブラウザ、Android・iPhone用アプリ
一度に接続できる機器数 3台
接続できる国 日本、アメリカ、ドイツ、中国
サーバー数
無料体験 1週間
料金 ライトコース(1か月850円)、一般コース(1か月1020円)、VIPコース(1360円)

良之助VPNには3つのコースがあります。違いは同時に接続できる数になってます。ライトコースは1台、一般コースは2台、VIPコースは3台です。

良之助VPNは業界の中でも新しいVPNなのですが、あまり広告を出さずにひっそりと運営していた印象があります。ですので知らなかったという人も多いかと思います。

実際に利用してみたところ、スイカVPNと同じように可もなく不可もなくといった感じでした。接続するサーバーによっては日本のサイトが見れないところもありました。

良之助VPN公式サイト

一番良いVPNはどこ?

速度、使いやすさ、料金などを比較すると、最もおすすめなのはセカイVPNです。接続できるサーバーが多いですし、複数の機器を接続することを考えると最も料金が安いのもセカイVPNです。

そして業界大手というところもポイントが高いですね。全ての条件でセカイVPNが優れていると感じました。

セカイVPN公式サイトはこちら

関連記事

中国への出張者や赴任者にとって必要不可欠になっているのがVPNという接続方法です。 中国では金盾と言われるネット検閲があり、グーグ...
最近日本でもVPN接続が流行ってますね。理由は無料のアクセスポイントなどで安全にネット接続ができると勘違いしている人が多いからです。...
中国では金盾(グレート・ファイアウォール)と言われるネット検閲があり、VPNに接続しなければYouTube、Facebook、Twi...

シェアする

フォローする