アリとハチって似てるよね 違いを詳しく調べてみた

シェアする

アリとハチが似ている。違いは?

最近ヒアリが輸入されてしまったというニュースが話題になってますね。そんなニュースを見てたら急に「あれ?そういえばアリとハチってかなり似てるよな」と考えてしまいました。

というわけで気になったら調べなきゃ気が済まない性格の私が早速違いを調べてみたので紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アリとハチは似てる?どこが違うの?

似ていると思ったのはミツバチとかではなくスズメバチとアリです。冒頭の画像を見てもらうとわかるかと思いますがはっきり言ってそっくりです。アリに黄色い塗装をして羽を付けたら間違えて逃げ出す人もいるでしょうね。

どれくらいスズメバチとアリが似ているのかを画像で違いを比較してみようと思います。

全体のフォルム。

冒頭の画像と同じものですがそっくりです。

次に頭。

ハチとアリは似てる

スズメバチはいかにも「やってやるぜ!」というような顔つきで、アリはつぶらな瞳がかわいいです。しかしアリのアゴはスズメバチとよく似ていますね。

次は胴体。

冒頭の画像を縦に並べたものです。スズメバチの方は胸が厚く重量感があります。

次に大きさを比べてみます。オオスズメバチとクロオオアリの比較になります。

オオスズメバチの体長は働きバチで27~40mm、クロオオアリの体長は7~12mmです。この画像はオオスズメバチを35mm、クロオオアリを10mmとしています。

やはりオオスズメバチは「デカイ」の一言ですね。

ハチとアリの大きな違いは腹柄節です。この腹柄節はアリだけにあり(ダジャレではありません・・・)、ハチにはありません。


画像引用元:http://ant.miyakyo-u.ac.jp/

調べてみるとスズメバチとミツバチの関係よりもスズメバチとアリの関係の方が近いんだそうです。

アリの系統を見てみるとハチの系統の中にスズメバチ上科があり、その中でスズメバチ科とアリ科に分かれています。この中にミツバチはいません。どうりで似ているわけです。

でも私たちが日常的に考えてアリとハチは別の昆虫ですよね。私もふと思いつくまで似ているなんて考えもしませんでした。アリは小さくて弱い者の象徴という感じですが、ハチは毒を持っていて多くの人に恐れられています。

そのせいで全く違う昆虫のように考えてしまうのでしょうね。

まとめ

アリとハチはよく似ていますがミツバチなどは近くなく、スズメバチとアリがかなり近い仲間だということがわかりました。

あまりにもよく似ているのでそんな事だろうとは思ってましたが・・・。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする