中国人の男性比率が高すぎ!原因は?

シェアする

中国人の男性比率が高すぎ!原因は?

中国の男女比率は圧倒的に男性が多い。2014年度の統計では男性が7億79万人、女性が6億6703万人となっていて男性の方が3376万人も多くなっている。

世界的に見てみると男性が多い国は少なく、男の比率が大きい国は中国やインド、北アフリカ、中東などの後進国が男性比率が高くなっています。

女性比率が高い国が多いのに世界の人口は男性の方が多くなっていると言う状況になっているのです。その原因は中国やインドなどの人口の多い国の男性比率が高すぎるためです。

一体なぜ中国はこんなにも男性が多くなってしまったのでしょうか。

スポンサードリンク

中国で男性が多い原因

中国では最近まで一人っ子政策を行って来ました。そんな中中国人が欲しがるのは男の子です。2人以上の子供を産めないので、もし女の子が生まれてしまった場合は戸籍を与えずに次に男の子が生まれればその子に戸籍を与えました。

戸籍を与えられなかった女の子はどうなったのでしょうか。実は売られてしまった子がたくさんいたのです。

裕福な家庭ではそのようなことはせずに罰金を払って女の子にも戸籍は与えられましたが現在でさえ貧富の差が激しい中国です。ちょっと前まではそのような事が多くあったのでしょう。

ではなぜ中国人は男性を生みたがるのでしょうか。日本でも少し前までは跡継ぎとなる男の子が喜ばれていましたが、中国の事情とは違いがあります。

中国では老後の面倒を息子夫婦が見ることになっています。ここでの面倒とは介護という意味ではなく生活費という意味です。

中国人は老後のためにと貯金をすることはありません。子供が親の為に働くのです。

しかし女の子が生まれ、その子がお嫁に行くと結婚相手側の両親の世話をしなければなりません。ですので男の子を欲しがるのです。

現在の中国では子供を良い大学に通わせて一流企業に就職させたいという親がとても多くなっていて、大学入試の倍率もおそろしく高くなっています。

それらも子供の為ではなく、将来の自分の為なのです。自己中な性格の中国人ならではといったところでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする