宇宙の果てには何があるのか どうなってるのか考え出したら眠れない

シェアする

宇宙の果てには何があるのか どうなってるのか考え出したら眠れない

宇宙の果てには何があるのか、一体どうなってるのか、誰もが一度は考えたことがあると思います。宇宙空間は果てなどなく無限に続いているのでしょうか。それとも限りがあってそこには何かがあるのでしょうか。

スポンサードリンク




宇宙の広さ

宇宙は138億年前のビックバンによって生まれました。そして急激に広がっていったのです。その広がる速度は光よりも速く現在でも広がり続けています。138億年前に生まれて光よりも速く膨張しているということは宇宙の広さは半径138億光年以上ということになりますね。

現在地球から観測できる最も遠い宇宙は465億光年先までです。しかし465億光年先の光が地球に届くには138億光年かかるので現在どのようになっているのかは観測できません。

宇宙の果てには何があるのか

ではいったい宇宙の果てには何があるのでしょうか。そしてそこはどのようになっているのでしょうか。宇宙の果てを実際に見ることはできないのですが学者による研究は進んでいます。その中で宇宙の果てについては2つの仮設があります。それは「開いた宇宙」と「閉じた宇宙」です。

開いた宇宙とはもともとあった「無」という空間に中でビックバンにより宇宙が生まれて膨張し続けているのだから宇宙の果ては存在しないという仮説です。

閉じた宇宙というのは宇宙空間を進み続けるとまたもとに戻ってくるという仮説です。例えば人間から見た地球を想像してみましょう。3次元的に見れば地球は球なので球の外を見ることができます。

では2次元的に見てみるとどうでしょうか。私たちを基準に地球を2次元的に見ると地球の表面しかありません。その地球の表面を限りなく一直線に歩き続けるとまたもとの場所に戻ってきますね。

もし2次元しか感じることのできない人がいるとすると「地球に果てはあるのか」と考え、実際に移動してみると元のところに戻ってくるという不思議な現象に感じるわけです。

宇宙の場合も同じで3次元しか感じることのできない私達は宇宙に対しても3次元で考えてしまいます。もし4次元や5次元を感じれるのなら考え方も違うのかと思います。

まとめ

宇宙は謎だらけですね。今後も研究が進んでいろいろなことがわかってくるでしょう。何百年、何千年も研究が進めば宇宙の果ての謎も解けるかもしれませんね。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする