すぐにわかる中国人と日本人を見分ける方法

シェアする

すぐにわかる中国人と日本人を見分ける方法

中国人と日本人の顔はよく似ていますが、中国で長く生活していると中国人が日本人とは明らかに違うことがわかります。やはり文化や環境によって違いが出るのでしょう。

今回はパッと見ただけで「この人は中国人だな」と見分けられる方法を紹介します。

スポンサードリンク




髭の濃さ

日本人は毛深い人が多いのに対して中国人で髭が濃い人はあまりいません。以前の記事で日本人のDNAは特別なことを書きました。その記事では書き忘れてしまったのですが、日本には元々縄文人が住んでいて、後から弥生人が大陸からやってきたのです。

下の画像は縄文人の顔と弥生人の顔です。


画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/

左は縄文人で髭が濃く、右は弥生人で髭が薄いですね。そして弥生人の顔つきは中国人そのものです。縄文人の遺伝子を受け継いでいる日本人は髭が濃く、弥生人はもともと大陸(中国)から来たのですから、中国人の方が髭が薄いんですね。

食べ方が汚い

日本人は子供の頃から口を開けてクチャクチャと音を立てながら食事をすると親に「お行儀が悪い!」と叱られて育ちます。中国人はそんな食事のマナーなどないのでほとんどの人が音を立てて食事します。

これが最も簡単な日本人と中国人を見分ける方法だと思います。

歩き方

歩き方についても日本人と中国人は違います。中国人の男性はほとんどの人が偉そうに歩きます。歩道があるにも関わらず道路の中央付近を堂々と自動車が近づきクラクションを鳴らされるまで歩いています。

中にはクラクションを鳴らされても構わずに歩き続ける人もいます。

特に女性はすぐに見分けられます。ガニ股で歩いているからです。上で書来ましたが、口を開けてクチャクチャと食べるのは食事中だけでなく歩いている時も口を開けて何かを食べていることが多いです。

わき毛

これは女性についてです。中国人女性はわき毛の手入れをほとんどしません。夏場などは女性も肩が見えるような薄着をしますが、電車やバスなどでつり革につかまっていると脇が見えることがありますね。

その女性にわき毛があればほぼ100%中国人ですね。わき毛は生えてて当たり前という考えなのでしょう。

おそらく中国人男性から見れば普通のことなのだと思いますが、日本人男性からみるとありえないことですね。

たまにすごく可愛い中国人女性を見かけますが、わき毛が見えた途端にガッカリしてしまいます。

まとめ

日本にいる中国人の見分け方は簡単ですね。大声で話しながら集団で行動していたり、どこにでもゴミを捨てたりといったマナーの悪さです。

中国で生活をしていると日本人を見分けるのも簡単です。もし今後中国に行くことがありましたら、街を歩く人を見てみてください。結構楽しいですよ。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする