【YouTube】スマホでPC同様に動画を管理する方法

シェアする

スマホ用の動画編集アプリなどが充実している現在、YouTube用の動画やサムネイルの作成などを全てスマホで行なっている人も多いかと思います。

今回はYouTubeの動画アップロードから管理まで全てPCを使わずにスマホだけで行なう場合の問題点と対処方法を紹介します。

スポンサードリンク




スマホで動画の管理の問題点

スマホのみでYouTubeを使う場合、アップロードはYouTubeアプリを、管理はYouTube Studioアプリを使っていることでしょう。

アップロードについては特に問題はありませんが、管理をするYouTube StudioはスマホとPCでは違うんです。

違うというよりPC版(ブラウザ)よりもスマホアプリは機能が少なくなっています。

特に大きな問題は著作権関係の管理機能がない事です。

実際のところ、音楽の著作権を侵害したとしても動画が削除されることはないようです。

しかし動画に表示される広告収入が著作権者に支払われたり、動画自体を公開できなくなったりします。

PCのYouTube Studioでは著作権の侵害状況を確認できるだけでなく、動画に使われている曲をミュートすることもできます。

スマホのYouTube Studioの場合は著作権の侵害状況が確認できないため、せっかく動画をアップロードしても広告収入が得られないこともあるわけです。

動画の作成からアップロード、そして管理までスマホで行っている人は一度PCのYouTube Studioで動画を確認してみることをお勧めします。

スマホでPC版のYouTube Studioを使う方法

PCでYouTube Studioを使いたくてもPCを持ってない人もいるかと思います。

そもそもPCがないからスマホで動画の編集やアップロードをしているのでしょう。

スマホでYouTubeにアップロードした動画が著作権の侵害があるかどうかを確認する方法は簡単です。

YouTube Studioアプリを使わずにChromeなどのブラウザアプリでYouTube Studioにアクセスするだけです。

ただスマホ表示ではなくPC版表示に切り替えてください。

スマホ表示のままでは著作権の管理はできません。

PC版表示の切り替え方法はChromeアプリの場合、右下にある「…」をタップ、その後下にスクロールして「PC版サイトを見る」をタップすればOKです。