武漢に住んでいる友人に新型コロナの現状を聞いてみた

シェアする

こんにちは。

私にとって武漢は第2の故郷といってもいいほどです。

2012年から2018年まで武漢に住んでいましたし、私の妻が武漢ではないですが湖北省の出身で、妻の実家に行くには必ず武漢を通過しなければならないからです。

武漢に友人も多くいるので今回の新型コロナの影響でこんな形で武漢という都市が広く知れ渡るようになったのがとても残念です。

武漢に住んでいる友人に新型コロナの現状を聞いてみましたので報告したいと思います。

スポンサードリンク




友人の住んでいるところ

その友人は武漢の出身ではないのですが、武漢にマンションを購入して両親も武漢に呼んで家族で住んでいます。

春節の大型連休には故郷に帰る予定だったのですが、武漢が封鎖されたために故郷には帰れず武漢に残ることになったのだそうです。

友人が住んでいる団地は発生源である市の中心部から約12km、海鮮市場から約6kmほど離れているのでかなり近いと言ってもいいでしょう。

武漢の現状

友人に武漢の現状を聞いてみました。

団地内では50人ほどの感染者が出ているそうです。

現在中国では、どこの団地から何人の感染者が出たのかを地図で確認できるようになっています。

ですが武漢だけは地図に感染者情報が出てきません。

これは現状であまりに感染者数が多い為に表示されないのか、それとも市民がパニックになるのを防いでいるのかはわかりません。

友人によるとちょっと前までは毎日のように救急車が団地内に入ってきていたそうです。

武漢が封鎖されて以来、家からは出られずに食材などの買い物はネット注文すると届けてくれます。

私が住んでいる蘇州でも現状は回復しましたが以前は食材をネットで注文してました。

会社については武漢以外の湖北省では3月11日から稼動できるようになるとのことです。

しかし武漢では現状では企業の再稼動の見込みはないそうです。

友人家族に感染者はいないとのことで安心しましたが、友人は毎日びくびくしながら生活をしていると言ってました。

スポンサードリンク







シェアする

フォローする