【中国】日本が入国規制から除外されて3日で再規制された本当の理由

シェアする

中国では海外からの入国者に対して14日間の隔離期間を設けるなどして、新型コロナを国内に持込ませないように対策しています。

あまり知られてませんがこの規制は各都市によって内容が異なり、重点国と指定された国からの入国者のみを隔離したり、全ての国からの入国者に対してだったりします。

中国の最大都市上海では3月23日までは重点国と指定された24カ国からの入国者を隔離していましたが、突然日本を重点国から除外すると発表しました。

3月23日午前0時より、上海市が入境後14日間の隔離措置の対象として指定している重点国(当該国に旅行・滞在歴がある者について、国籍を問わず、指定施設での集中隔離又は自宅隔離を求める)のリストから日本が除外されました。

在上海日本国総領事館

ところが3月26日になって突然、日本を含む全ての国からの渡航者を隔離の対象とするという発表がありました。

国外からの感染輸入の防止・管理業務を更に進めるため、上海市新型コロナウイルス肺炎感染防止管理業務指導小グループ弁公室は、3月26日18時より、上海に来て入境する全ての者に対して、14日間の隔離健康観察を一律実施することを決定した(外交人員及び重要な経済貿易、科学研究、技術協力に従事する者については別途の定めにより実施)。各区、各関係部門は、連携して厳格な防止及び管理の責任を実施し、感染の国外からの輸入を厳に防止するものとする。

在上海日本国総領事館

つまり日本からの渡航者は23日から26日の4日間だけ隔離をされずに中国に入国できた事になります。

何か理由があって日本人を4日間だけ自由に入国させた様に思えますね。

スポンサードリンク




なぜ日本が最重点国に?

これは上海日本商工クラブの会員の方と話していたときに「仕事で上海に来たいけど、日本が重点国に指定されているので来れない。商工クラブで何とかできないか。っていう相談があって上海政府に圧力をかけたんだよ。そろそろ日本が重点国家から除外されると思うよ。でもまた1週間くらいで入国できなくなるんじゃないかな。」と言っていました。

まさにその話通りになりました。

上海商工クラブにそこまでの力があるとは思えませんが、実際に数日間だけ日本が除外されましたからね。

それともたまたまでしょうか。

上海にとってとても重要な日本人が入国できずに困っているという理由でも合ったのでしょうか?

スポンサードリンク







シェアする

フォローする